弁護士上田孝治の“ 法律あれこれBLOG ”

最新のニュースを法律的に徹底分析・解説!宅建業・不動産・相続に関する実務や不動産関連資格取得に役立つ情報を提供! and more・・・

-

はじめに ~令和5年度宅建試験合格のための新しい民法(相隣、共有、財産管理、相続)の知識~

〔令和5年度の宅建試験から新しい民法の知識が必要〕
 令和3年4月に民法が改正され、不動産の取引や管理に関わる様々な変更がありました。
 この令和3年改正民法の施行日は、令和5(2023)年4月1日ですので、令和5(2023)年度の宅建試験からは、この新しい民法に基づいた試験となります。
 そこで、令和3年改正民法の内容について、実務的な視点も少し取り入れながら、宅建試験の合格に必要な範囲で、ポイントをしぼって分かりやすく解説するための連載をスタートします。

〔令和3年改正民法の全体像〕
 令和3年改正民法は、①相隣関係、②共有、③財産管理制度、④相続の大きく4つの分野で改正がされています。
 この4つの分野それぞれについて、主な改正項目をまとめると以下のとおりとなります。
①相隣関係
 ⅰ)隣地の使用に関する見直し
 ⅱ)越境した枝の切除に関する見直し
 ⅲ)ライフライン設置権の創設
②共有
 ⅰ)共有物の使用・変更・管理に関する見直し
 ⅱ)共有物の管理者制度の創設
 ⅲ)裁判による共有物分割に関する見直し
 ⅳ)所在等不明共有者の持分の取得・譲渡制度の創設
③財産管理制度
 ⅰ)所有者不明土地・建物管理命令の創設
 ⅱ)管理不全土地・建物管理命令の創設
④相続
 ⅰ)新しい相続財産管理制度の創設
 ⅱ)相続放棄をした者の相続財産管理義務の見直し
 ⅲ)遺産分割に関する見直し
関連記事
My profile

Author : 上田 孝治(Koji UEDA)

‣2003年 弁護士登録
‣神戸さきがけ法律事務所 代表弁護士
‣宅建試験対策講座 講師
‣芦屋市都市計画審議会 委員
‣国民生活センター 客員講師
‣兵庫県サイバー犯罪対策ネットワーク 特別会員

所属法律事務所

兵庫県神戸市中央区播磨町49番地  神戸旧居留地平和ビル7階      TEL 078-381-5065

BLOG Ranking 参加中

クリックお願いします!

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文: